G-DW1H9JWRSC

春の六義園 ツツジもおすすめ! ランチの持ち込みOKの庭園

今回は私たちが東京で最も好きな庭園、六義園(りくぎえん)の春の様子をリポートします。

六義園 基本データ

場所 東京都文京区本駒込六丁目

開園時間 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

休園日 年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)

入園料 一般300円 65歳以上150円

(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

JR山手線「駒込」(南口)下車 徒歩7分

東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分

都営地下鉄三田線「千石」(I14)

見どころ

  • 手入れの行き届いた新緑、紅葉のきれいな庭園
  • 日本のしだれ桜の名所ベスト10に選ばれている
  • ツツジも見ごたえがある

今回のお出かけ時期 4月下旬

もしかしてまだ枝垂桜が見られるかも…と淡い期待を抱いて訪問。残念ながら枝垂桜はすっかり終わっていました。

ツツジが3分咲きということでしたが、かなり見ごたえがありました。

園内の様子をご紹介

今回は駒込駅から遠い正門だけが入場可能でした。

しだれ桜がまだ見れるかと淡い期待がありましたが、すっかり葉桜でした。

でも、しだれ桜の木は見事な枝ぶりで、来年への期待が高まります。

園内を進むと、小山がツツジに染まっていて、テンションが上がります。

新緑がとてもきれいです。

あちらこちらにツツジが植えられています。

こういう小ぶりで素朴なツツジの風情も素敵です。

つつじの古木材を用いて建てられたツツジ茶屋。明治初期からこの小屋は生き残ってきたそうです。

秋には真っ赤な紅葉できれいだった場所が、新緑に包まれています。

ツツジの小山に到着。六義園のツツジは花が小ぶりで渋い感じです。

真っ赤な霧島ツツジ。

こちらの小橋も風情があります。

東京でこんなに新緑がみられるなんて!六義園がもっと好きになりました。

近くのおすすめショップ

六義園の近くにも有名なお店があります。

和菓子の中里

テレビで取り上げられていましたが、女優の賀来千香子さん御用達のお店。

平日の朝10時半ごろでこの行列です。

ここでおやつを調達し、六義園に向かいます。

創業より変わらぬ味を守り続けた和菓子…

公園の中で一番有名な“揚げ最中”を頂きます。ピントが合わずすみません。

ちなみにここでおにぎりも食べました。

“揚げ最中”、下のウグイス餡の“南蛮焼”とも絶品でした。

イタリアン トラットリア ダ コヴィーノ 

こちらは六義園の正門を出て、1分ほどの所にあります。

先回訪れた時に寄りましたが、Aランチがおすすめです。

小さなお店ですので、日曜、祝日は予約された方がいいと思います。

>>トラットリア ダ コヴィーノ 

総本家 小松庵 駒込本店

こちらは六義園も染井門(通常は閉鎖)のすぐ前にある大正時代から続く老舗のお蕎麦屋さん。

こちらもテレビで紹介されていましたが、お店にそばの貯蔵庫がありお店でそばを挽いているそうです。

>>総本家 小松庵 駒込本店

大正11年、駒込に創業以来、数多くの人々に支えられ今日までまいりました。手打ちの喉ごしのよい蕎麦とそれを引き立てる料理を…

まとめ

東京で自然に触れたい方に一押しの庭園が、六義園です。

秋の紅葉や、3月下旬(おそらく)の枝垂れサクラの他にも、ツツジも満喫できます。

皆さんも気軽に訪れてみてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村

↑↑↑ワンクリックの応援お願いします

 

この記事が役に立った、よかった方はポチっと応援をお願いします↓↓↓↓